コレで解決!外壁塗装業者の評判まとめ!

外壁塗装の口コミ評価以外に押さえておきたいことは??

外壁塗装業者の口コミなどを参考にするのは非常に賢明ですが、その前に「得する外壁塗装の豆知識」を覚えておくことも非常にオススメです。
ここではまずはじめに「外壁塗装を安く済ませるためのポイント」などをご紹介していきます。

 

 

多くの業者を比較して自分の家の相場を把握する。

外壁塗装を安く済ませる上で非常に大切なポイントは、「多くの業者を比較する」ということです。
いくら口コミの評判を見たとしても、実際の見積もりを見てみないとなんともいえません。
また、外壁塗装の費用というのは「業者によって大きく違う」というのもポイントです。
多くの業者に見積もりをしてもらって、クチコミなどと照らし合わせて業者選びをするとより良い業者を選ぶことができるでしょう。
ちなみに、数社の見積もりを出してもらうには「一括見積もりサイト」などを利用すると、大体のところは無料で見積もってくれるのでお得ですよ。

 

外壁塗装で使う塗料の知識を知っておく!

外壁塗装では業者によって様々な塗料が使用されています。
中には、質の悪い安価な塗料を「自社のオリジナル高級塗料です」といってボッタくる悪徳業者も実際にいます。
そのため、有名な塗料のメーカーなどは把握しておくと、騙される危険が少なくなるでしょう。
今は塗料のメーカー名をネットで検索すれば相場価格がわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

このように、外壁塗装業者のクチコミ評価以外にも、知っておくと安く済ませられる知識は覚えておいて損はないと思います。
外壁塗装は高いお金がかかってしまうので、慎重に選ぶのがオススメですよ。

「新日本ハウス」と聞けば多くの人が、歌手の「吉幾三」さんを思い浮かべることでしょう。
実際、新日本ハウスのサイトなどを見ていると、さまざまなところに吉幾三さんが登場するので、
吉幾三さんの会社?と思われてしまうかもしれませんが、それは違います。
吉幾三さんは、一貫して新日本ハウスのイメージキャラクターです。
それほど多くの人に「吉幾三さん」のイメージが定着している、新日本ハウスの創業は、約30年ほど前の昭和61年(1986年)までさかのぼります。
当時は、バブル経済に向かって日本が急加速で上昇していく時でした。
おそらく、会社のスタートダッシュは、素晴らしかったと思われますが、その後のバブル崩壊時には、大変苦労もされたことでしょう。
そのような経験もあってか、新日本ハウスでは「夢をかなえる」と言うテーマをかかげ、「お客様の夢」「会社の夢」「社員の夢」と3つの夢をかなえることをテーマに、スタッフがそれぞれ仕事に取り組んでいます。
新日本ハウスは、吉さんのおかげか、ほのぼのとしたいい人が集まった会社、と言うイメージですが、実際その通りで誠実な会社です。
とにかく、誠実にリフォーム業を極めており、リフォームがカテゴリーとして分けられるほどの会社は、新日本ハウス以外では見当たりません。
住宅リフォーム、マンションリフォーム、エコリフォーム、介護リフォームと4つに分けて見ることができます。
参考に4つに分けられたリフォームのうち、最も一般的な住宅リフォームの外壁塗装リフォームを見てみましょう。
外装リフォームで重要な事は、最初に調査と診断です。
この作業がないことには、なにも始めることはできません。
屋根や、外壁塗装においてもっとも重要なポイントは、現在の状態を把握し、必要な修繕と下地作りを行い、そののちにお客様の要望と新日本ハウスが提案するベストな商品をすりあわせて、見積もりを作ることができます。
特に屋根の塗装は、建物の寿命などを大きく左右します。

また、遮熱性の高い高機能塗料を使うことで、高い耐候性とエネルギー消費を抑えることが可能になります。
塗装だけで、そんなに違いが出るものかと言われる人がいますが、現在の塗料技術はとても高く、夏場の日中時には塗装表面温度に10度も差が出ることがあります。
つまり、塗膜表面から熱そのものを反射する機能を持っているからです。
新日本ハウスのリフォームでその違いを試してみてください。
会社のビジョンは、顧客の要望から、高度な技術、優れた製品、アフターケアと4つビジョンを高いレベルで提供し、満足が得られるものと考えています。
新日本ハウスは、常にベストを追求して努力し続けています。

続きを読む≫ 2014/11/12 00:01:12

愛知県豊川市で塗装店を開業中の吉田塗装店は、昭和30年(1955年)の創業依頼、現在まで続く完全地元密着型の住宅塗装の専門店です。

 

吉田塗装店が一年に工事を行うお客様の約9割が豊川市内からのご依頼です。
アタリマエのことですが、ご近所ですからなおさら手が抜けません。
いつものことですが、1軒ごとに丁寧な塗装を心がけてお渡ししています。

 

外装塗装や屋根などの塗替えでは、なにが大切だと思われますか?

 

実は、高品質な塗料や日給の高いベテラン職人ではありません。
(もちろん大切な要素ですが)

 

この場合、もっとも重要なことは、物件毎に異なる壁や屋根の状態を、しっかりと調査・診断を行うことです。
当然に、塗装施工の経験があり、各種の作業や塗料に精通している人による診断が、もっとも適切な塗装工事をアドバイスできます。

 

屋根にも上ったことがない、塗料の使用量を坪単価で算出して、職人の単価などをマニュアル通りに計算し、安値で契約を迫る積極的な営業マンの診断が信用に値するでしょうか?
まして、飛び込み営業で、安易な見積もりを提示する人を信用して大切な家を任せられるでしょうか?

 

おそらく、すべての人が「お断り!」することでしょう。
実際見積もり前の調査・診断をする姿勢を見れば、その塗装店の良し悪しが見えてきますので、業者を判断する上でも調査診断と見積もりを依頼してみましょう。
この段階までは、すべての業者が無料でおこなっているはずです。
もちろん、吉田塗装店も類にもれず、お客様の目でみて確認してみてください。

 

現在、住宅の外壁や屋根塗装を行う業者は、とても多く、愛知県内にも数多く営業しています。
正直言って、どの業者が良いのか判りにくいところです。
吉田塗装店では、街の塗装店、地元のリフォーム店なら、ほぼ間違いのない仕事をしてくれるという話ですが、そういうお店もたくさんあるので、もう少し掘り下げてみました。

 

そこで、取扱商品に注目してみましょう。
最近外壁塗装と屋根塗装で注目されている「ガイナ」です。
この商品にはすぐれた特徴として、遮熱性能や高耐久性、紫外線吸収効果、防音などがあります。
塗装した時に表面を覆うセラミックビーズの働きによるところなのですが、製品のメリットは、吉田塗装店と「ガイナ」のメーカーにお任せします。

 

重要なのは、「ガイナ」の塗装を施工することをメーカーに正規に認定された「提携施工店」であるかということです。
このガイナは、とても優れた製品ですが、メーカーマニュアルに沿った正しい施工方法がポイントになってきます。

 

例えば、水での希釈時には、電動のかくはん機を使用し約3分ほどしっかりと混ぜることなど、、とても細かな指示があります。
こうしたマニュアルへの理解と塗装店としての実績、技術のあるお店のみが提携店となっています。

 

ちなみに、ガイナのメーカー日進産業で確認した所、全国でも提携店舗が多い愛知県内でも、たったの15店だけです。
しかも、豊川市内では、2014年10月現在で吉田塗装店だけです。
つまり、豊川市内でガイナの塗装が確実にできると認められているのは、吉田塗装店だけなのです。
「ガイナ」メーカーのお墨付きとも言える認定があれば、優良店なのは間違いありません。

続きを読む≫ 2014/11/11 23:58:11

1985年(昭和60年)大阪市平野区で創業した「福井塗装」は、外壁塗装、屋根塗装をメインに防水塗装などを手がける、外装塗装の専門店です。
44年以上にもおよぶ、塗装業一貫の一代目社長がつちかってきた匠の技で、すべてのお客様に喜んでもらえる仕事を常に心がけています。

 

「福井塗装」では、技術面に加え費用なども合わせて満足の声をいただけるよう、誠実と向上を目指し取り組んでいます。

 

塗装技術の面では、疑う余地のない「福井塗装」は、使う塗料も一流です。
実は、塗料にも「エコ」につながるすぐれた製品があり、地球環境に優しく、人にも優しい、まさに願ったりかなったりの塗料です。

 

現在の社会から求められる「エコロジーとエコノミー」を実現するのが、日本ペイントの「サーモアイ」と言う遮熱塗料です。
「福井塗装」がイチオシする、サーモアイは住宅建物だけでなく、マンションやビルディングの他、道路などにも活用され、都市部のヒートアイランド化の温度上昇抑制にも貢献しています。

 

サーモアイを実際の家庭の屋根、外壁塗装に利用した場合にもその効果は顕著で、条件にもよりますが、最も冷房を利用する、6月から9月の夏季シーズンの室内温度を約1度近く下げる効果が有ります。

 

ここでいうところの「遮熱」の意味ですが、にたような言葉の「断熱」とは違った働きをします。
遮熱とは、熱を「さえぎる」と言う意味なのですが、具体的には、太陽光線の中で熱をはこぶ赤外線を効果的に反射させることで、屋根や外壁そのものが吸熱しにくくしています。

 

つまり、熱を持ちにくいのでその内側にある断熱材などが効果的に働き、室内温度の上昇を抑えることにより、冷房機器の運転抑制につながります。
夏季日中の冷房機器の運転時間が短くなれば、結果として電気使用量が少なくなり、電力の利用が減れば最終的にCO2の排出を抑制可能になるということです。

 

ほんのわずかなことですが、手間を掛けずに塗装するだけでエコを実現できる「サーモアイ」をオススメする理由は、そうした理由からです。
環境保全と省エネと電気代の節約で、快適な環境づくりにも貢献できます。

 

外壁塗装と屋根塗装は、それぞれいたみ方が違うために別々に工事をする人もいますが、別々に行うと、足場を組む作業や洗浄作業など、一度に行ったほうが効率が良い作業がたくさんあります。

 

また、屋根の塗料に高い耐候性の有る塗料をサーモアイと共に上手に利用すれば、耐久性を延ばすことができるので、長期間で見る建物のメンテナンス費用を抑えることもできます。

 

建物の外壁塗装、屋根塗装は、その時の予算がもっとも重要であると同時に、耐久性などを考慮して塗り替えサイクルも検討する必要があります。
「福井塗装」のように、塗装現場や塗料の性質と建物と長く向き合っている、ベテラン塗装職人の経験に基づくアドバイスが、きっとお役に立つことでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/11/11 23:55:11

熊本市の「新生ホーム」は、屋根と塗装の専門家として、28年間塗装一筋で地域密着のサービスを提供し続けてきました。

 

具体的な業務サービスは、建物外壁塗装をはじめとする各種塗装工事、屋根修理から葺き替え・防水工事など、雨といの交換・清掃・修理工事などを行います。

 

主に外装塗装を専門にしながら、屋根の葺き替え、金属サイディングの工事、屋根の軽量化、耐震対策など、塗装以外の業務も可能なので、相談してみると便利です。

 

新生ホームでは、基本的に下請け業者を使うことはありません。
自社専属の職人と共に直接施工をおこなっています。
外注を使うことで作業効率やスピードを上げることもできるかもしれません。
しかし、そうした仕事の効率化を選べば、必ず仕事の品質は低下してしまうでしょう。
また、作業のヒューマンエラーも起きやすくなり、結果としてお客様に御迷惑をお掛けすることになりますので、外注を使わないのです。

 

建物の外壁塗装などは、塗ったばかりの時は、どんなものでもきれいに見えるものです。
しかし、1年、2年と年数を追うごとに専門家が本気でおこなった仕事とそうでないものでは違いが見えてきます。

 

ホンモノの塗装職人が丁寧にした仕事では、最低でも7年程度は良い状態を保つことができますが、やっつけで行われた塗装では、早いと3年持たずに色がくすみ剥がれや浮きが出てきます。

 

こういうことは、調査診断と下地作りの処理が甘いと起きるので、つまりプロの仕事ではないと言えます。

 

こうしたことから、新生ホームでは、営業担当者をおかずに責任者自らが調査診断に出向き、お客様に最良のご提案をさせて頂いてます。
また、間に他の業者を通しての取引は行いませんので、直接施工による低価格も新生ホームならではの、メリットです。
当然ですが、安い仕事だから手を抜くことなど一切ありませんので、安心してお任せいただけます。

 

実のところ新生ホームは、大変欲張りな会社かもしれません。
つまり、次のような理由なのですが、いったんお取引いただいたお客様とは、一生涯お付き合いをさせていただければと思っているからです。

 

最近の外壁塗装では、終わったらナシのつぶてという業者が大変に多くなりました。
確かに、工事ごとの商取引ですから契約の上で何も問題はないのですが、それでは、生涯のお付き合いなど願ってもかなうことはありません。
新生ホームは、ベテランの塗装専門店として、アフターケアまでしっかりと、社員一同ちからを合わせて取り組んでいます。

 

最後に、新生ホームでは、土日祝祭日でもお問い合せ、ご連絡をいただくことを歓迎し、お待ちしております。

続きを読む≫ 2014/11/11 23:51:11

新潟県新潟市内にて営業中の「株式会社三共ハウス」は、住宅建築、リフォーム、耐震工事加工を専門的に請負う、住宅建物のプロフェッショナルです。
株式会社三共ハウスの業務範囲は広く、住宅建築に関わる全てと言っても過言ではありません。
社内では、部門別に分けてそれぞれの業務に全力で取り組んでいます。
部門は、建築部、耐震事業部に分けてあり、一般的なリフォームなどは、建築部の中で対応します。

 

新築 及び、増改築工事一般建築に伴う、新築工事から、増改築に伴う工事まで、設計施工が可能です。
高齢者向け、介護向けの改築工事も相談可能です。

 

外壁塗装工事調査、診断を行いご要望の塗装方法に沿って、お見積りします。
遮熱性や防音効果の高い塗装、親水性があり自浄効果のある塗装など、高機能塗料についても、お家の状態をみて提案してくれます。
外構リフォーム工事 外壁張替工事老朽化した外壁は、サイディングボードの張替えやカバー工法により、新たに蘇ります。
サイディングボードには、質感の高い窯業系もありますが、価格と工期の面からは、軽量金属のサイディングがお手軽な工事が可能です
軽量金属系サイディングは、あらかじめデザインされ、色が付いているので設置のみで塗装が不要です。

 

株式会社三共ハウスでは、新潟県を度々襲う、地震に対して一つの回答を提供しています。
すでに記憶も古くなりますが、1964年(昭和39年)に起こった新潟地震では、昭和大橋の落橋や公共集合住宅(5階建ての団地)が建物全体で倒れるなどの被害が発生しました。

 

新潟県は、2004年(平成16年)の中越地震などでも知られるとおり地震被害の多い土地です。
特に現在の新潟市内から東港にかけての土地は、それほど丈夫な土地とはいえません。
そこで、木造住宅には、リフォーム工事と一緒に、後からでも耐震補強対策ができる、耐震金具などを用意しています。

 

具体的には、内装工事のクロス貼り替え時などに壁面内側に組み込む、「内壁補強耐震ボードカベ一番」、外壁工事や外壁塗装工事の際に検討できる「ホールダウンフレーム 」があります。

 

「内壁補強耐震ボードカベ一番」では、内壁そのものを増改築なしで補強可能ですから、最低限の費用で補強工事ができます。
クロスの張り替えなどと同時にすれば、工期も短くまとめてできるので無駄がありません。

 

また、「ホールダウンフレーム 」は、ホゾ抜け防止金具です。
阪神淡路大震災の時に多く発生した、加速度の速い縦揺れから横揺れにより、基礎部分から柱が抜けてしまう「ホゾ抜け」により木造建物が倒壊しました。

 

阪神淡路大震災と同じタイプの活断層のズレによる地震の有る新潟では、同様の被害も想定されます。
引張強度、約12トンの強化金具で柱と基礎をしっかりと固定し、縦揺れによるホゾ抜けを防ぎましょう。
震災時にマイホームが凶器と化す前に、ぜひ対策を検討してください。

続きを読む≫ 2014/11/11 23:45:11